トイレのさまざまな水漏れパターン

トイレのさまざまな水漏れパターン 一口にトイレ 水漏れといってもその原因はさまざまであり、素人が簡単に原因を特定して修理することは難しいものです。台所や洗面所の蛇口とは違い、ひねれば水が出るという単純な構造ではありません。給水管から補給された水は一旦タンクに蓄えられ、レバーなどを操作することによってタンク内の水が放出され、また補給されるという仕組みになっています。
したがって、一番水が漏れる原因として考えられる場所がタンクです。タンク内の部品の劣化やタンクと便器を接合する部分に、不具合が生じることがあります。また、便器そのものから水が漏れる場合や原因がよくわからずトイレの床だけが水で濡れる場合もあり、DIY感覚での修理には向いていません。

■トイレタンクから水が漏れる

以前と比べると水道料金が明らかに高くなっているとしたら、その原因はトイレの水漏れが可能性として挙げられます。水が漏れる最大の原因となるのが、タンクからの水漏れでレバーが元の位置に戻っていないことを理由として便器に水が流れっぱなしになってしまうことがあります。このとき、レバーを戻して水が止まれば問題はありませんが、レバーは正常位置に戻っているのにチョロチョロと便器に水が流れ続けることもあります。
便器の許容量を超えると床へとあふれ出し、床が水浸しになるだけでなく2階以上に設置されていれば下の階まで水が漏れて大変な騒ぎになります。タンクから水が漏れていることに気づいたらとにかく止水栓を止めること、そして少しでも早くプロの業者に依頼してみてもらうことが大切です。

■便器から水が漏れる
タンクから水が漏れていないのに便器から床へと水が染み出すように漏れることもあります。便器が水で満杯になっているわけでもないので、タンクの水漏れではなく便器とタンクの連結部分や便器のヒビから水が漏れていることが考えられます。
連結部分の不具合であれば緩んだボルトを締めなおすことで改善されることもありますが、部品が劣化している場合はそれでは対応できません。また、便器が劣化してヒビが入っている場合、パテで応急処置をしても根本的な修理にはならず、さらに状態が悪化することもあります。また、温水洗浄便座を使用している場合は、通電しているので感電事故に遭遇する可能性もあります。無理をせず、すぐにプロの業者に連絡して来てもらうようにしましょう。

■トイレの床が水で濡れる

子どもがトイレを失敗したわけでもないのに、いつもトイレの床が濡れているというときは水漏れを疑う必要があります。床が水で濡れる原因としては、タンクや便器からの水が漏れている、便器とパイプの継ぎ目から漏れている、給水管のパイプから漏れているなど、さまざまなケースが考えられます。
また、給水管からではなく床下に埋め込んである排水管と便器の間から漏れる場合もあります。このように、トイレの床が水で濡れる理由はさまざまあり、素人判断で原因を特定することは難しいです。一般的な水道の蛇口の部品交換とは違って複雑な構造であるため、修理には専門的な知識や技術が必要となります。場合によっては便器を取り外して原因を特定し修理することになる場合もあります。自分での修理はあきらめて、プロにみてもらうようにしましょう。

■まとめ
トイレの水漏れはとても厄介で、特に漏れている水の量が多い場合はパニック状態になってしまうこともあります。まず、止水栓を閉めて水の供給を遮断することが大切です。タンクやタンクと便器の接合部分に問題があれば一旦漏れは止まりますが、それでも漏れが続く場合は便器や排水管に問題が生じている場合もあります。
一部老朽化による水漏れは、部品交換によって改善できる場合もありますが、水が漏れている原因すらわからないこともあります。温水洗浄便座付きトイレも含めて、水漏れのパターンと対応について考えておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース